407 彼女たちの教訓

さぁ!今から明日にかけて4記事更新します!

ひっさしぶりにL見ました!
かれこれ1ヶ月L見てないとかあり得なーい。
テーマソング聞いて自分の居場所に帰ってきたみたいな懐かしささえ感じました。
あ~美しいものだけ見て生きていたい・・・

冒頭はベットとジョディのイチャコラから始まりますね。
ジョディがまだ寝てるベットさんをスケッチしてるアレです。

407-1

その流れで目覚めエッチへ雪崩れ込むわけですが
あーん嫌だ~なぜティナじゃないのに幸せそうなんだよぅ~と全世界が泣いたアレですねw
ホントいうとジョディとも完璧に絵になってるんですが
イヤイヤの目には似合ってるとは思えないんですね。
ファン心理とは恐ろしいものです。

ジョディが時々イタズラっ子ぽくてすごく可愛いので
「・・えーとうん・・このままでもいぃ・・いや!!イカンイカン!ティナでなくては!」と
ボーっとしてると持っていかれそうになります。

あ、しかしこの回でジョディのポリガミー発覚。
「これからこの人を愛していこう」と決めたばかりのベットさんにとって一大事!
ふたりで乗り越えればいい話ですが、これはベットさん側としてはキツイよね~。
ベットさんは浮気しますが、よく見てください。イチイチ本気です。
その時は真剣に一生を共に・・と考えるタイプですよ。
その相手が同時に複数愛せるポリ・・・目の前真っ暗になります。

この時点でもう合ってないと思うんですがね~・・・

あと、シェーンがペイジと小学校で同性愛講座ですね。

407-2

ダラダラしてるシェーンがピシっとキメるところはキメるのがまた♡
ここはもう人柄の勝利ですね。
誠実ですよ。なんだかんだいって誠実。
誠実な人の真の言葉はどんな場面でも人の心を打つ。
そういうことなんでしょう。

あとは・・これと言ってピックする話もないんだけど、
ヘレナは意を決して身体で借金を精算しようとキャサリンの元へ。
アリスはターシャと仲良くなりたくて基地まで押しかけヘリに乗せてもらってる。
ティナはレズガールズの映画化に向け、ジェニーに承諾もらうため初交渉!

407-3

ティナが実は仕事できる女だった片鱗は今までちょくちょく出てきたけど
この初交渉で「うわ、すごい能力持ってない?コレ!」って初めて感心した。
かなりの腕持ったネゴシエイターですよね。
闇の女王クレイジージェニー相手なのでちょっとアタフタしてますが、
相手の心の動きを鋭く察知して、その意図を汲みながら話の筋を変えていく。
そして最後にトドメの殺し文句で落とす、と。
あ~こういう人だからあのややこしいベットさんと8年も一緒にいられたのかな~と。
そんなことを思った「デキる女ティナ」エピソードなのでした。

お気に入りシーンわりと多いです!
次の更新は朝方になります~。

407 お気に入りシーン

ヘレナ娼婦になることを説得されるw
何やってんだヘレナw

ティナが上司にキレてる図
ごめんティナが見たいだけ(汗)
付き合ってるオッサンといるティナは嫌だが
仕事してるティナは好き♡

フィリスが失恋して大変なことになってる
アリスと終わりになって失恋した少女のごとく泣いてる老齢に差し掛かった女性(汗)
ベットとジョディがちょいちょいイチャコラ挟んでおもしろいw

ベットがジョディの秘密を知る
秘密でもなんでもないですが「それ最初に言ってよ!」案件発生です(汗)

ティナ「レズガールズ」映画化に向けての交渉!
ネゴシエイターティナの本領発揮!

シェーンとペイジの同性愛講座
結局、同性愛が理解されたのかどうなのか謎のままなので
ここはシェーンファンのために入れときました!


スポンサードリンク