307 彼女たちの距離

あ~重たい重たい(汗)
この回は特にこれといった楽しい場面はなく・・・

ベット&ティナのところは、ティナがカナダに出張で
そこでジョシュ?だったか若めの男とイイ感じになって
いよいよ事に及ぼうとしたのに
男が「レズビアン抱けて嬉しいウヒョ~」的なこと言ったので
ティナがキレて事無きに終わってとりあえずセーフだけど。

どうなんでしょう?
見てる側からしたらここ別に先延ばしにしなくても良くね?
とっととヤって男に向かうならサッサと行っちゃえ!って思うんだが。
なんだろね?このもったいぶってストーリーにしたがる感じは。
男とのストーリー性なんかいらないっつーの。

特にティナに戸惑いっていうか引っかかるものがあるようには見えないし。
そこがあるなら延ばす価値もあるだろうけどさ。
男とヤル気満々のティナなんか私ら見たくないのにな~。

デイナのところは、デイナがいじめ倒したせいで
とうとうララが耐え切れなくなって出て行ってしまいます。
そしてその後、もう最期まで帰ってこない。

これな・・・
死期が近い人の立場に立ったことないし気持ちは計り知れないんだけど、
ララからしたらとんでもない心の傷残されてるよな。
思い余って出てきてしまったけど愛はまだ残ってるのよ。
気になって気になって仕方ないはずよ。
死んだ後もひどい後悔で苦しむはず。

こんな死に方ってしていいの?
すごく跡を濁して逝ってることにならない?
それが人間らしいのかな?

なんか違う気がするな~。
死に方なんてモロそれぞれの選択なのは承知で言うけど、
私はこんな死に方したくないな。
最期まで一緒にいてくれるはずだった人にこんな仕打ちはしたくない。

絶対に「ありがとう」は遺して逝きたいじゃない?
そりゃ余命宣告受けたら動揺して最初はおかしくなるかもしれないけど
ちゃんと考えて感謝して爽やかに逝きたいと思うもん。
それが最期までしっかり生きた証にもなると思うし。

デイナのストーリーはいろいろ考えさせられる。
ダメすぎて逆に勉強になるわ。

モイラはホルモン注射始めてみんなから引かれてるし
シェーンとカルメンは一見仲直りして順調ぽいけど
エッチ面でシェーンが集中できなくてうまくいってないみたいだし。
ジェニーだけは本が出版されそうで上昇運ぽいけど。

308もこの勢いで明日か明後日には更新します~。
がんばりますぅ~。

307 お気に入りシーン

デイナの化学療法励ましパーティー(汗)
人前でもララに辛く当たるデイナのせいでパーティーも台無しだけど。

これはダメだとベットとアリスがデイナとララをフォロー
ベットとアリスが目で合図してふたりをフォローしにいく感じがいいね~。
ベット&デイナの催眠術?エクササイズは長いし
デイナがこの後変わることはなかったので意味なしということでカット。

デイナに真っ直ぐ意見するアリス
ララが出て行く場面は辛すぎて好きじゃない(泣)
その後アリスを呼び出してグチグチいってるところ。
本当に、これは心から友達のことを思わないと言えない助言よね。
アリスはまだデイナのこと愛してるね。
友達とか恋人とかそんなカテゴリーは飛び越えて
慈愛みたいなのを感じる愛だな。


スポンサードリンク