211 彼女たちのプライド

プライドパレードの回ですね!
ジェニーはSMの体験に行き、さらに精神を病んでいきます(汗)
アリスとデイナは順調ですが、弟のハウイーがやってきてめんどくさそう。

シェーンも盗撮野郎のせいで悶々と悩んでますが、
テープを見直してなにか思うところがあった様子。
カルメンの登場はほとんどないので、この回はシェーンひとりでお勉強ですね。
♪会えない時間が愛育てるのさ~♪(古ッ!ちなみにリアタイの歌じゃないです(汗)

シェーンの、ビデオ見て泣いてるとことか、
最後カルメンにポツリポツリと、いつぞやの質問の答えを話すところとか、
世界中の女子は「キューーーン♡」と来ましたよね!
こういうの女子弱いよね~きっとね~!
クッソ・・スケコマシめ・・・メモしとこw

さて、ベットさんのところは大変なことになってますね・・・
お父さん、もう余命短いことが発覚。
最後にティナのことも自分のことも認めて欲しいベットですが、
なぜか今までいがみあってたキットの方と和解しようと努めるお父さん。

優しく接して良い思い出を作らなければいけないのにイライラするベットさん。
前回でしたか、お父さんに対して声を荒らげてましたね。

この、お父さんのストーリーラインは身につまされます。
色っぽくもないし深刻だし、普通なら飛ばして見てしまいがちな場面ですが、
今、自分の親が同じような状況下にいるので見ずにはいられず。
本当にいろんなことを考えさせられました。

こうやってアホっぽくブログ記事なんか書いてますが、
実は母親がいつ死んでもおかしくない状態です。
どうしてこんなに冷静でいられるのか、自分でも不思議で、
久しぶりに心と語り合ってみました。

そしたらやっぱり、セクマイであることが少し絡んでるんですね。

自分がセクマイであることは中学生の時に気付いて、
そこから何十年も性別や世間のことを考え続けてるんですけど、
まず母親が、父親や男兄弟を敬う古い考え方の人間なんですね。
でもしょうがないんです、これは。
もう時代のせいだと思うしかないんです。

しかし、心の中の本当の自分は、
「大したことないコイツら(男連中)がなんでエライわけ?」
「コイツらよりチカラをつけてやる!(力は無理だから知力で成功してやる!)」
「男ってだけで偉そうにするこの生き物っていったい何!?」と、
反発心だけがワッサ~と湧いてくるわけですよ。

昔の人の変えられない考え方と、反発心の間に立って苦しくなってきた私は、
心の中でこの家族を「抹殺」しようと決めたんですね。
表向きは「自立」に見えますが、間違いなく「ないもの」にした。
代償はありますよ。未だに家族ってものがわからなくなってます。

「ないもの」にして「忘れ去ろう」とした結果が、
今のこの怖いくらい冷静な感情なんだと思います。

でも母親は好きです。愛してます。
しかし、セクマイならどこかで家族さえ切らないとやっていけない時もあるでしょう。
私の感情はある意味必須だったのかもしれません。
しかし今、愛情と冷静の間でまた悩んでる。

ベットさんは家族を捨ててないので冷静さはないけど
自分たちを認めてくれないお父さんを許せない気持ちと、
愛してるからこそ認めて欲しくて頑張ってきた気持ちと、
認めて欲しかった関係が今は揺らいでる喪失感で
いっぱいいっぱいになってるのは想像に難くないよね。

「親が死ぬ」となると、今まで残してきた問題がワーッと降りかかってきて
いっぱいいろんなことを考えるのは間違いない。
捨てても捨てなくても。
だからできれば、元気なうちにいろいろクリアにしておくのがいいけど、
問題を残して亡くして、その後に後悔してしまうのもそれも人生かなと思う。
私達の問題は話して解決する類のものとは違うから。
話して「あ~良かった」となる%が低い類の問題だから、簡単ではないよね。
逃げる代わりにその後の痛みを引き受けるのもひとつの方法だと思ったり・・

・・・という風に、このLの世界。
若い子たちの愛だ恋だセックスだ!のストーリーラインより
ベットさんの、人生にガシガシ食い込んでくるストーリーラインのほうが
私にはとても勉強になるし実感するし好きなのだ。
現実すぎて重い時あるけどいつか来る道だからしっかり見とかなくちゃ・・って思う。

次回は「親へのカムアウト」について書く~。
これもいっぱい思うことがあるのだ。

211 お気に入りシーン

お父さんVS同性愛
親が認めない時に出てきそうな典型的な言葉の数々・・・

シェーン、カルメンの言葉を見直してさめざめと泣く
心が解けかかってます。もうちょっとだ・・・

盗撮野郎、やっぱりわかってないの図
男である以上、女を完全に理解するのは無理。
ジェニーの言ったことがすべてですよ。
男が軽い気持ちでやったことがどれだけの屈辱感を味あわせてるかなんて
ゲイにでも犯されないとその気持ちなどわかるはずもない。
その覚悟もできてないくせに、何を許せというのかこの馬鹿男は。

デイナの弟ハウイーの真実w
姉弟そろってゲイ・・・親御さんも大変ですね(汗)

シェーンの心の氷がようやく解ける
ここの告白は可愛いね。
やっとシェーンが心をちょっと開きました!
でもカルメン、どうして何も言わずに立ち去ったんだろう?
他に分析する人がいっぱいいるのでカルメンまで手が回らない・・・
そっと頬を触るのは母性的でとてもいいね!
そうだね、ここはキスとかハグとか性的なものを連想させる密着はいらないか。


スポンサードリンク