208 彼女たちの友情

ティベットのところは前回と変わらず、
子育てのために和解に進んでいきます。
その周りでヘレナがうろちょろしてる図も変わらず。
なので感想は割愛。
お気に入りシーンでふたりの良さ気な会話シーンを入れておきましたので
ほんのひととき、ほんわか幸せな気分をどうぞ♪

アリスとデイナのところにペニバン登場!ww
このふたりのキーワードは「ペニバン」だなww

これがそもそもの間違いの始まりっつーか。
別に使ってもいいと思うけど、アリスは使わせる相手を間違ってるのね。

タチ・ネコって表現はもう古い・・みたいな風潮があるけど、
いやいや何をおっしゃる。
この概念と傾向を間違うと結局別れることになるでしょ?
最初はいいよ?新鮮だし愛してるし何でもできちゃう。
でも少し時間がたって冷静になった時、なんか違う・・・って考えるのがオチでしょ?

アリスとデイナの場合は、両方がネコちゃん・・いわゆる受け側なんですね。
完全なネコじゃないけどね。あ~でもデイナはよりネコ寄りかも。
女の子同士だから攻めることだってできるけど、本質は受けたい側なんですよ。
そういう子にペニバンつけさせて攻めさせ続けるのは酷ってもんです。
もちろん、お返しは頂いてるはずだけど、
ペニバンで突いてるあいだ、デイナはすごく冷めてるような気がする。
だからあんなに燃え上がってたのに、意外とあっさりララに乗り換えられたのね。

じゃあタチ側のシェーンとかベットとかなら
ペニバンを喜んで使うか?つーとそうでもない。
ベットなんか相手がティナだからペニバン使ってもおかしくないけど、
タチ心の何かが許さないんだな。
説明する時に「男役」と言うのがわかりやすいからそう表すだけで、
実際、男じゃないし、男になったつもりで女性を抱いてるわけじゃないから。
「男の代わりにしないで」っていうプライドみたいなのはあるよな。
タチの心の中には「あんなもの使わなくても」っていう自負もすごくあると思うし。

アリスも業界歴長そうなのに、そういう微妙なとこわからなかったのかな?
デイナがあっさりとララに移って「アリスかわいそう!」みたいになってるけど
いや、アリスも悪いんだよ?
結局、デイナを深く見つめて思いやってあげられてない、ってことだから。

おおお・・・ずいぶん書いたな。
ペニバンでこんなに語れる人も少ないと思うwww

この回で他に印象的なのが、シェーンの教会での告解?
なんて言うかわからないけど、懺悔みたいに泣きながら神父さんに話してる場面。

うん、感想は前回の記事で書いたとおり。
考えなさいシェーン。
こんなにみんなに愛されてる自分に気付きなさい。
セックス以外のシェーンを知っても絶対に捨てない人がこの世の中に必ずいる。
自分をさらけ出しても愛してくれる人は絶対いる。
その人を探し求め続けることがアンタのライフワークなんだよ。

つーか、このシーンを見終わると同時に嫁が言ったこと。
「なおすけや!なおすけがおる!キューンってくるww」と
大声で笑いながら言われたことが一番印象に残ってるw
「お、おう・・・」としか言えなかったがw

うちの奥さんは、考えてみればカルメンみたいな人だわ。
明るくておおらかで細かいことはあまり気にしない、とても心の大きい人。
横にいると素直になれるしあったかい。
包まれ感がすごくする。
ティナにも似てる気がするけど、もっと陽気なイメージだからやっぱカルメンだな。

ずっと探し求めたから見つけられたよ。
私のカルメン。

ベットでシェーンなややこしすぎる私を守ってください。
生涯の恋人になってください。
ダメなところはちゃんと考えるから。
お願いします。

208 お気に入りシーン

ベットとティナのちょっとぎこちないけど良い感じの会話
ベットの素直さが可愛い!
でもその後ヘレナに持っていかれる・・

シェーンの告解
「人」というものが怖くて怖くて仕方ないのね。優しすぎるガラスのハート。
泣くなシェーン。アンタなら絶対できる。

ララ再登場!
あの可愛いララが再び登場!
でも腐れギャビーと付き合ってる(汗)

ヘレナ宅パーティーを蹴ってベット宅に集まる仲間たち
ベットの辛い気持ちを察して、ヘレナのパーティーをドタキャンしてきた仲間たち。
あたたかい。いいね、欲しいねこんな仲間。


スポンサードリンク