204 彼女たちの歯車

この回の冒頭で「自分に1日だけペニスがあったら何をする?」
「自分のモノの大きさは?」みたいな
お下品なガールズトークがありましたねw

立ちションしたいと言うシェーンにみんながツッコみます。
「ヤリまくるんじゃないの?」
そこに名言登場!
「なくてもセックスできるもん♪」みたいな。

確かにw
ペニスなんかより自由自在に動く「指や舌」があれば
女性を満足させるのに充分です。
しかし、毎晩のように女の子と寝るシェーンには
「Hタコ」ができてるような気がするw
あとぜったい腱鞘炎だと思うんだけどww
・・・お大事に(汗)

そのシェーンのところは、ジェニーとふたり、
ルームメイトの選定に大忙しの回です。
結局、盗撮野郎に決まるのですが、超気に食わない。
なんで、ビアンの家にノンケ男が加わるのかな~?
こんなに面白くない展開はないと思うんだけど。

まぁ偏見と言われたらその通りですとしか言えないけど、
ビアンとノンケ男の相性ってどう考えたって最悪なんですよ。
この家にはジェニーがいるからまだ緩和されてるし、
盗撮野郎が物分かり良すぎて気持ち悪いくらいですけど、
普通ならレイプしてハイおしまいがオチじゃないですか?
アイリーンめ・・・何をしでかすつもりだ?とコイツ出てきてから身構えましたよ。

コイツのことを後々語るつもりはないので、ここでぶちかましておきますけど
コイツって結局なんだったの?
うちの嫁に言わせれば「男の目線でビアンを理解してもらうため」に
わざわざ用意されたキャラだったのでは?ということで、私もそう思うけど、
あの流れで男に理解されますかね?
大方の男は、盗撮野郎のクズ友のほうの行動・発言に共感したんじゃないですか?

シェーン好きになるのも男に理解できますかね?
男が普通好きになるのは、ジェニーかカルメンですよ。
なんでシェーンを好きにさせるの?どういう設定?
その思いがシェーンに伝わらなくて本当に良かった。それだけが救い。
シェーンが知ったとしたら、気持ちはひとつ「キモい」だけなんですよ。

わかりますかね?
ボーイッシュなタチって、性自認は男に寄ってるんですね。
シェーンの場合、一人称は「私」で女の自分を一応認めてはいるけど、
女と認識して欲しくない気持ちが少なからずあるんです。
だから男っぽい服を着て、女性的色気を出さないようにしてる。
男共に「私はあなた方の対象ではありませんよ~寄ってこないでね」とアピールする意味や、
その姿が性自認的に一番しっくりくるから、ボーイッシュな格好を選んでるんです。

さて、そういうシェーンに恋心向ける男がいたらどうなりますか?
「うわ!それでも寄ってきたよ・・ウゼー・・どうやって逃げよう?」ですよ。
シェーンを好きにさせたことで盗撮野郎の存在意義が皆無になってるんですよね。
脚本・演出よ!本当にマジで、何がしたかったの??

フゥ・・熱くなりすぎたな。
流れ的にちょっと触れることはあっても、コイツについて書くのはこれで終わり。
次からは美しい女性たちのことをバンバン書いていくよ♡

今回はお気に入り少ないの~。
2シーンしかないけど楽しんでね~♪

あ、ちなみに私に1日だけアレがあったら・・・
ひとりエッチしてショボイ快感に「あ~!女で良かった!」と再確認するねきっと。
それだけでいいです。時間にしたら15分くらいで返上したい。
他に有意義な使い道もなさそうだしね。
あんなものがあるせいで喜ばせる感覚が鈍るなら、いらんいらん、ない方がマシ。

204 お気に入りシーン

ティナ、弁護士とベットの家を査定しに来る
ベットの留守中にティナと弁護士がベット宅を査定に来るシーン。
ベットが購入したお気に入りの絵の前で、ベットの声かな?
ささやくようにティナの名前を呼ぶ声が聞こえる。
ベットが築いたものの大きさに改めて気付いたような畏敬の念を抱いたような、
それを私が奪ってもいいのか・・という未練というか後悔というか、
そんな複雑な思いが見え隠れする素晴らしい場面だと思う。
ローレルさんは本当に演技が上手いな。女優魂も気合入ってるしスゴイね!

ジェニー髪を短くする
長かった髪をバッサリ切ってしまうジェニー。
盗撮野郎に「ビアンなのかわからない」と言われて
自分でハッキリさせようと決めた瞬間ですね。
私的には「泣くくらいならやめろ!」と言いたいのだが、
過去の自分に決別する名残惜しさなんだろうな・・と思ったら
まぁ良いシーンかな・・と考え直して入れてみました。


スポンサードリンク