106 彼女たちの迷走

ぬーん・・この回はクソつまらんね。
ジェニーがティムに置き去りにされてヒッチハイクで帰ってくる回ね。
三流のロードムービーでも見てる気分。
同乗のラリってる男がキモい(汗)

ティナはつわりがひどくて漢方薬もらいに行って
えらいトラブルに巻き込まれるし。
大騒ぎの末、ベットが仕事放り出して帰って来なくちゃいけないハメに。
ベットは厄年かなんかですか?
良いこともあってギリギリセーフだけど、
基本的には下降線ですよね・・・やることなすこと裏目に出てる。
人生の中にはそういう時期もありますけどな。
これは後の回での話だけど、一緒に乗り越える相手を間違ったね。
何があってもティナの手は離してはいけなかった。

リサの登場回数が増えてきております!
私はこの人が出てくると混乱するw

いや~私なりにリサを理解しようと考えてみたんですよ。
自分に置き換えて考えてみよう、と。

リサは体は男で心が女。で、女が好きでレズビアン・・・
私は体は女で・・心は男寄り。で、男が好きだとすると・・ゲイ・・・

・・・え?え?・・ちょっと待ってや・・・
えーと・・・え?これノンケやんwノンケでいいんちゃうの??ww

男でも女でも、心持ちが男っぽかったり女っぽかったりするやん?
あ~・・でもリサは性自認が「女」なのか。
で、これから性転換でもしたいっていうならわかるんだけど・・
男の姿のままでレズビアンというのはやっぱ少し抵抗ある。

うん、でもキットの言った一言にはガツンとやられた。
「あんた達ってなんでそうやって分類したがるの?」
これにはまいった!その通りでございます。
なんでだろうね、性に大らかに見えて一番こだわってるのは私達だな。反省。

さて趣味の時間と参りたいところですが!

マリーナの登場が極端に少ない(泣)
出てきてもティムとの対決だしBoo!

でもあの場面は、ビアンならちょっと身構えて見たんじゃないかな。

ビアン達が一番見たくないもの、それは・・・男に犯される仲間ですよ。
怒り狂ってる男に腕力で来られると、いくら心の強いタチでも恐ろしいですよ。
いや、これはビアンじゃなくてもわかるね。女なら誰でもね。
その上で尊厳を汚されるのなんかドラマといえども絶対見たくない!

でも意外と平気でやるのよね~同性愛者が出てくる映画とかドラマって。
何を主張したいのか、ホント何を教えたいのか・・・
「矯正」「恥辱」「生殖」「教育」「宗教」みたいな文字しか浮かんでこない。
頭をグイグイ押し付けてホレこれを見ろ!お前もこうなるぞ!と言われてる気がして
腹が立つと言うより、底知れない恐怖を感じる。
男に、ということではなく、そういうものを平気で作る社会に。
まぁイコール男、なんだけどな。

はっ!マジになっちゃった(・ω<)テヘペロ こういう思想系になると語っちゃってダメだな~エヘ♪ ま、とりあえず、あの場面は何もなかったので良かった。 しかしマリーナは一切謝りませんね!徹底してますな。 まぁ運命の出会いをして愛し合った二人の関係に謝罪など不要ですね。 ティムにはなおさら謝る必要なし。 ・・・でもイイ奴だけどなティム。 単細胞で筋肉バカだけど純粋で真っ直ぐでイイ男だと思います。 マリーナの代わりに私が謝っとく。 ごめんねティム・・。

106 お気に入りシーン

みんなでリサを分類
キットの名言がよい!まったくだ。
でもみんなが分類したがるのもよくわかるわ~。

ニューヨークからベット帰ってくる
ティナが心配でNYから戻ってくるベット。
ベットが玄関から入ってきた時の頼もしさがいいね。
けど、ティナがちょっとビビッてる感じも見て取れる。
微妙な二人の位置関係がよくわかる場面。


スポンサードリンク